マンション大規模修繕工事で資産価値をキープ|構成でクリアな工事

女の人

安全性を守る

インターホン

マンションやアパートなどに取り付けられているインターホンの寿命は基本的に15年と言われています。15年を過ぎたインターホンは劣化してしまい、不具合や誤作動を起こしてしまう可能性があります。マンション経営をしているなら、インターホンのリフォームのタイミングをしっかりと把握しておくことが大切なのです。

最近のマンションインターホンは従来のタイプよりも、精巧な作りになっています。テレビモニターがついているタイプの他にも、録画機能がついているタイプや、遠隔操作位に対応しているもの、ネット環境と繋がっているものなど、その種類は実に様々です。そのため、定期的にメンテナンス会社に点検交換をしてもらっていても、突然不具合を起こしてしまうことも十分に考えることが出来るのです。

マンションのインターホンというのは、入居者のセキュリティを守るためには非常に重要なものになります。マンションによってはエントランスにオートロックシステムを採用していることがありますが、インターホンが正常に機能していないと訪問者の確認をすることさえ出来ません。マンション入居者の安全性を確保するためにも、15年という年数を目安にインターホンのリフォームを検討しておきましょう。

最後にインターホンのリフォームを専門業者に依頼する際には、設置しているインターホンのメーカーをしっかりと伝えることが大切です。使用しているメーカーによっては、生産が停止していることも考えられます。すると修理しようにも部品を入手することが出来ないため、取り換え工事になることがあるのです。取り換え工事になると、全ての住戸のインターホンを取り換えなければいけなくなるので、しっかりと確認しておきましょう。