マンション大規模修繕工事で資産価値をキープ|構成でクリアな工事

女の人

メンテナンス会社の違い

エレベーター

エレベーターの安全性を確保するのはマンション管理者の義務であり責任です。マンションエレベーターの点検依頼をするなら、こちらで基礎的な情報をしっかりと把握しておきましょう。まずエレベーターの点検会社には2つの種類があります。1つめがメーカー系と呼ばれるものです。メーカー系はエレベーターメーカー会社のメンテナンス部、もしくはメーカー会社の子会社であるメンテナンス専門会社を指しています。自社が販売している機種のみの点検、修理を行なうのが一般的で、月額費用が割高になる傾向があります。

そして2つめの種類が独立系と呼ばれるものです。独立系はメーカーに属していない会社で、どのメーカーの機種でもメンテナンスを行なってくれる、保守点検の専門会社になります。メーカー系と比べると、月額の費用が低いのが特徴です。最近ではこの費用の差を考えて、メーカー系から独立系へと移行を決めるオーナーが増えているのです。

メーカー系から独立系へと移るメリットとしては、先ほども紹介したように点検にかかる費用を大幅に下げることが出来るという点でしょう。またメーカー系と同じ内容の契約内容であれば、まったく同じ品質のサービスを受けることが出来ますし、基本的なパーツであればしっかりと供給することも可能です。また独立系のほとんどは地域密着型の会社です。そのため、丁寧で細やかなサービスを受けることが出来るというのも魅力でしょう。今後、エレベーターの点検を依頼する際に参考にしてみましょう。